電磁波とは?

文字通り電気と磁気の両方の性質をもつ「波」のことです。電気の影響を受けるエリアを「電場」といい、磁気の影響を受けるエリアを「磁場」といいます。この電場と磁場がお互いに作用しあって電磁波の「波」がつくられているのです。

実際どんなものから電磁波が出ているのでしょうか?

電気が流れたり電波の飛び交うところには必ず何らかの電磁波が存在しています。私たちの身近なものでいうと、携帯電話、パソコン、電子レンジ、電磁調理器(IHクッキングヒーター)、電気カーペット・毛布・こたつ、ヘアードライヤー、電気カミソリ、テレビ、ラジオ、掃除機、蛍光灯、などまだまだあります。

電磁波による体への影響

人によって様々ですが、

頭痛、吐き気、疲労、目まい、不眠症、皮膚疾患、手足のしびれ、むくみ、耳鳴り、不安感、不快感、自律神経失調、筋肉や間接の痛み、不整脈、うつ症状、のどの痛み、など私たちにとって嫌な症状ばかりです。

電磁波防止ペンダントキューリンク

電磁波の影響を受けやすくこれらの症状が出る人のことを「電磁波過敏症」とアメリカの医学者ウィリアム・レイ博士によって命名されました。

日本ではまだ認知されていない病気ですが、スウェーデン、デンマークでは電磁波過敏症は認知され、公的保険の対象となっているほどです。

また、「地震の時には動物や魚が騒ぐ」というのを聞かれたことはありませんか? これはある研究では、地震の折には地球内部の動きにより電磁波が発生し、動物はその電磁波を危険回避・危機予知として感じる能力を持っている。そして動物である人間もその能力が少なからず残っていて電磁波を感じると「何かある。危険が迫っている。」と無意識の部分で感じ精神的・身体的に変調をきたすという報告があります。つまり「電磁波過敏症」の方はもともと人間の持っている能力がより残っている方といえるかもしれません。「電磁波過敏症」は病気などではなく、誰もが大なり小なり持っているものです。

少しでも上記のような症状があり、家電製品に囲まれて生活されている方は電磁波による影響を疑ってみて下さい。

電磁波による影響を受けなくするにはどうすればいいのでしょうか?

パソコンは使わない、テレビは観ない、IHクッキングヒーターや電子レンジを使っている時はなるべくその場から離れる、携帯電話は持たない。。。。なんて私たちの生活のあらゆる場所にある電磁波を完全に避けることはそもそも不可能に近いですよね。

「発生源からなるべく身を離すこと」がもちろん重要ですが、それが無理な昨今では電磁波防止のグッズの需要が急上昇中です。

電磁波防止エプロンなどが代表格ですが、エプロンの部分は防げてもその他の体の部位に対してはどうでしょう?

エプロンに手袋、マスク、といった完全武装では日頃の生活に支障をきたしてしまいそうです。

その点キューリンクジャパンで扱っているキューリンク商品は電磁波を跳ね返すのではなく電磁波に対する抵抗力を上げていくのが目的です。身に着けている部分だけでなく体全体に作用しますので電磁波からの影響をしっかりガードします。

形状もペンダントタイプやブレスレットタイプ、パソコンに差し込むタイプ、携帯電話・タブレットなどの機器に貼付するものなどを取り揃えております。