不眠症アドバイス

自然療法的な不眠症解消のための簡単にできるアプローチです。
睡眠薬や睡眠導入剤に頼る前に、ぜひ試してみてください。



電磁波から身を守りましょう!
パソコンの出す電磁波は地球が地震前に出す電磁波と似ていると言われます。動物は本能的に感知出来ますが、人間も無意識に感じているはず。そしてそれを「危険がやって来るシグナル」と勘違いし、敏感な人は寝付きにくくなる可能性が。最低就寝2時間前にはパソコンを閉じましょう。

就寝前の間食(特に砂糖入り)は避けましょう。
これは、血糖値を一気に上げて睡眠を妨げます。その後、逆に血糖値が一気に低下することで目が覚め、再び入眠できないかもしれません。

就寝前のテレビ視聴はNGです。
さらによいのは寝室にテレビを置かないことです。テレビは脳に刺激的すぎて入眠に時間がかかります。

可能な限り暗くして就寝しよう!
もし部屋の中に少しでも小さな光があれば、それは脳の中の松果体のメラトニンとセラトニンを生産する24時間周期のリズムを狂わせるかもしれません。また夜中のトイレも光をつけると重要な睡眠補助薬であるメラトニンの生産が止まってしまいます。

カフェインは避けましょう。
一部の人々にはカフェインは効率的に代謝されません。そのため、カフェインを摂取した後、長時間影響を受ける可能性があります。したがって、午後の一杯のコーヒー(または、紅茶)でさえ、入眠を妨げるでしょう。また、いくつかの医薬品(特に鎮痛剤)や栄養ドリンクはカフェインを含有します。

就寝前はリラックス!
少なくとも就寝1時間前(望ましいのは2時間前)には仕事や勉強を片付けましょう。
これはあなたが明日の締め切りなどに追われず、心穏やかに眠りにつける機会をあなたに与えるでしょう。

出来るだけ早く就寝しよう!
私たちの身体のシステム(特に副腎)は、午後11時~午前1時の間の数時間に回復・充電すると言われています。電気の発明前は多くの動物と同じように人間も日没直後に寝ていました。それは身体のシステムを考えれば人間にとっても自然なことだったから。

就寝2時間前に水分を取らないで!
これは、起きあがってトイレへ行く必要がなくなります。またはトイレに起きる頻度を減らします。

就寝時間を変えないで!
毎日同じ時間に就寝・起床することをお勧めします。週末も同じ。これはあなたの身体が睡眠のリズムに入るのを助けるでしょう。また、入眠と目覚めがより簡単になります。

ソックスを履いて寝てみましょう!
事実、足は心臓から最も遠いため循環が悪く、身体の他の部位よりもしばしば冷えを感じ、あなたを目覚めさせてしまいます。

決まった就寝時刻を確立しよう!
また瞑想やアロマオイルを使用しての深呼吸、あなたのパートナーにマッサージをしてもらう、お風呂など、あなたをリラックスさせるものは何かを見つけることが大切。そして、毎晩それを繰り返して日々の緊張を解きほぐしましょう!

就寝前のアルコールは避けましょう!
アルコールは人々を眠くしますが、効果は短く、数時間後には目覚めてしまうことがあります。また、アルコールはあなたの身体が回復するために必要なより深い睡眠に入ることを妨げるでしょう。

カフェインは避けよう!
一部の人にはカフェインは効率的に代謝されず、カフェイン摂取後長時間影響を受ける可能性がある。そのため、午後の一杯のコーヒー(または紅茶)でさえ入眠を妨げるでしょう。また、一部の医薬品(特に鎮痛剤)や栄養ドリンクはカフェインを含有します。

ベッドは睡眠のためだけに使いましょう!
もしあなたがベッドの中でテレビを見たり、仕事をしている場合、あなたの身体は「ベッドはリラックスして眠るための場所」と認識することが難しくなるかもしれません。

もし本・雑誌を読むならリラックスできるものを!
ミステリーやサスペンス、ホラー小説といった逆の影響を及ぼすような刺激となるものは読まないでください。加えて、もしあなたが本当に読書を楽しんでいるならば、眠ることを忘れ無意識に何時間も読み続けるかもしれません。

音の大きな目覚まし時計は避けましょう!
突然起こされるのは、身体に非常にストレスがかかります。もしあなたが規則的に十分な睡眠を得ている場合、目覚まし時計は不必要なはずです。何時間も寝ないで読書をしたり、大切な睡眠時間を浪費していませんか。