Q-Link

世界中の権威ある大学の研究レポート

20年以上前から、世界でもトップの大学(スタンフォード大学(米)、カリフォルニア大学(米)、ウィーン大学(オーストリア)、インペリアルカレッジ(英)、ウロンゴン大学(豪)等)で調査されており、実際にキューリンクが非常に効果のあることが科学的に立証されています。 ペンダントトップに内蔵されているコイルが身体の持つ波動と共鳴し、バランスの良い状態に導いてくれます。それは全身に波動の針治療をしているようなもので、それによりどろどろ血がさらさら血に変わり、オーラのバランスもとれ、体調にも良い変化が表れます。 また、精神面でも優れた効果が得られるため、精神の安定を要求されるゴルファーから絶大な人気を得ており、多くのトップゴルファーが無償でキューリンクのPRをしているほどです。

このQ-LINKはあなたの身体の波動と共鳴しパワーチャージしていますので、着用している限り、半永久的に効果は持続します。

Human Cellular Studies 人間の細胞に関する研究
生物学的見地からみるキューリンクペンダントの血液中における影響[2001年4月] PDF File
Effects of Q-Link Pendant on the Blood and Biological Terrain, April 2001
Robert O. Young, Ph.D., D.Sc. Microbiologist

微生物学者ロバート・ヤング博士によって2つの異なった血液、すなわち生きている血液と乾燥した血液の顕微鏡検査で血液中の影響について調べた。 その結果キューリンクペンダントが血液と血球の両方の健全性を強化することによってストレスを受けにくくするのを助けるとの報告がなされた。 この結果により血液構造の改善はキューリンクペンダントによるものだといえる。 以下4つのパネルはキューリンクを着用する前と着用後72時間経過したものの結果である。
Effects of Q-Link SRT Ally on Stress Tolerance of Human Tissue Cells
An in-vitro study conducted at the University of Vienna shows that human tissue cells are more resistant and respond better to chemical stress when exposed to the Q-Link Ally with SRT (an 'Active' SRT product). Human tissue cells were stressed using a chemical toxin the study shows a significant decrease in the number of dead tissue cells under chemical stress with Q-Link. This suggests that in-vitro exposure to the Q-Link Ally with SRT helps the cellular membrane remain intact and more resilient against stressors.
Electrodermal Stress Response Studies ストレスによる皮膚電気反応に関する研究
キューリンクペンダントによる皮膚への影響の変化とストレス[2000年3月] PDF File
Effects of QLink® Pendant on Skin Conductivity Changes and Stress, March 2000
Dr. Tyteeka Reye, Acacia Whole Health Clinic, Denver, USA

デンバーのタイキータ・レイ博士により行われた臨床検査において、起電力ストレッサーを用い40箇所の鍼治療のツボのエネルギー状態をテストした。 キューリンクペンダント着用2分後、40箇所のツボのエネルギー状態の合計が平均292%の割合で上がり、エネルギーバランスが整い最適化されたことが確認できた。一つのツボについては標準で41%の割合で最適化される。
ウィーン大学 皮膚伝導率の分析[2001年4月]PDF File
Study on the Change in Skin Resistance of a Person Exposed to Stress with and without the Use of the Q-Link pendant
Prof Dr.Michael Kundi, Institute of Environmental Health, University of Vienna

環境衛生研究所のマイケル・クンディ教授(博士号)は独自にレイ博士による臨床研究の結果をもとに総合的な分析・確認を行った。
Brain Wave EEG Studies 脳電図による脳波の研究
人の脳波におけるキューリンクペンダントの影響[2000年4月]PDF File
Effects of QLink Pendant on Human EEG Responses, April 2000
Dr Norman Shealy, MD and William Tiller, Professor Emeritus, Stanford University

ノーマン・シーリー医学博士とウィリアム・テラースタンフォード大学名誉教授らにより行われたダブルブラインドテスト?の結果、キューリンクペンダントが電磁波による脳波への影響を軽減すると発表した。この研究結果でキューリンクが一時的に電磁波ストレッサーにより乱れた脳波を安定させると証明された。 *ダブルブラインドテスト(二重盲検試験・二重盲式臨床研究)被検物の効果を証明する場合に被験者の思い込みによる影響(偽薬効果)を分離するため、被験者を2グループに分け被験者にはそうとは知らせず、グループごとに本物と偽物を与えその効果を検証するテスト。
SRT™と人間の脳細胞に影響をおよぼす電磁波について[2002年9月]PDF File
SRT™ and the effects of EMF on Human Brain Cells
Dr. Rodney Croft, in collaboration with Imperial College Medical School, London

この試験的研究によると、携帯電話からの電磁波が人間の神経機能に影響を及ぼすことがわかった。それにより安静時の脳波に誘発聴覚神経反応を起こさせ脳波を乱す傾向が見られた。しかしキューリンクによってそれらの刺激を軽減することができるという研究結果が出た。
Behavioral and Performance Studies 身体・精神への働きに関する研究
Sports Performance Testing of High School Distance RunnersPDF File
Ray J. Gagne, EET, CFE, NADEP

Results displayed a positive direct correlation between those who wore a Q-Link® and those that scored greater on both total body strength and cognitive flexibility. A resultant average improvement in total body strength of 6.05% was noted for males and 5.72% for females tested.
New Modality for Increasing Strength, Energy and Cognitive Flexibility in Golf and SportsPDF File
Ray J. Gagne, EET, CFE, NADEP

Results of same day testing were substantial from three perspectives: (1) the overall increase in strength and available energy / decrease in fatigue curves, (2) the increase in cognitive flexibility / functionality in all tested areas, and (3) the appearance of data related to the specific sport of golf which qualified a consistent appearance of ambidextrous activity.
Effects of QLink on Anxiety Levels within the Classroom
A double-blind study conducted by David Eichler, PhD, Behavioral Consultant, indicates that the QLink ClearWave helps to reduce anxiety experienced in students while in the public school setting. The study involved a school district in Northeast Kansas. The implications of reduced anxiety can be improved classroom performance and improvement in overall attitude and well-being of the student.
Effects of QLink on Students with Learning Disabilities
A double-blind study conducted at a small private school for children with learning difficulties like Attention Deficit Disorder (ADD) and Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD). The research shows that when the Clarus unit was active there was a 38% reduction in problem behaviors recorded by the teachers, as well as improved academic performance.
Applied Kinesiology Studies アプライド・キネシオロジー(応用運動機能学)に関する研究
電磁波に起因する筋肉虚弱およびその他の慢性的徴候へのキューリンクペンダントがもたらす影響[1998年5月] PDF File
Effects of QLink® Pendant on Muscle Weakness and other Chronic Symptoms Attributed to EMF exposures, May 1998
Dr Eric Pierotti, DC

エリック・ピエロッティ博士により行われたダブルブラインドテストで、筋肉虚弱に関し針治療に使うツボや経絡を調べたところ、キューリンクペンダントを着用した場合もともと身体の持つ経絡のアンバランスと電磁波をあてて起こったアンバランスの両方においてバランス状態が整うと報告があった。 ピエロッティ博士は、キューリンクペンダントを着けることによって臨床患者の慢性的および長期にわたる徴候を減少させたことをうけ、キューリンクは自然治癒力を高めると示唆した。
筋力低下のパターンに対するキューリンクペンダントの体への影響[1997年4月] PDF File
Effects of QLink Pendant on Muscle Weakness Patterns in the body, August 1997
Dr Robert Blaich

ロバート・ブライッシュ博士によって行なわれた臨床研究で、キューリンクペンダントが針治療に使うツボや経絡のアンバランスを改善し、また筋肉衰弱の再発をおさえる作用があると分かった。 同様にこの研究によってキューリンクペンダントを着用した場合には95%の確率で電磁波によって引き起こされる筋肉衰弱を防ぐという結果が出た。 ブライッシュ博士はアプライドキネシオロジーテスト?の結果をうけ、キューリンクペンダントが慢性的に見られる徴候の治療プロセスを高め回復へ導くと示唆した。 ※アプライドキネシオロジー(応用運動機能学)1960年代にアメリカのジョージ・グッドハート博士が身体の筋肉に対応する臓器の診断や治療として開発。筋肉反射テストによって身体機能を検査・診断する。
Scientific Foundation and Summary of Studies
Sympathetic Resonance Technology™: Scientific Foundation and Summary of Biologic and Clinical Studies
A paper by Dr. Beverly Rubik, PhD, published in the Journal of Alternative and Complementary Medicine, presenting a summary of studies on SRT, both basic and clinical. These studies collectively show that SRT mitigates the stress response for a variety of stressors such as chemical and electromagnetic stress in various biologic systems and multiple levels of organization, ranging from the molecular to the behavioral.